まこちゃんねる

「人生を幸せに生きる」を考える

アサヒのウィルキンソンのジンジャエールは刺激最強の炭酸だ

   

みなさんは炭酸飲料は好きですか?

私は大好きです(笑)

基本的に「デブ」と「炭酸飲料」というコンビは相性抜群です。

どのくらい相性がいいかをプロレスで例えると、タッグチーム「テンコジ」くらいの相性の良さにあたります(「テンコジ」を知らない方は検索して調べてください 笑)

19699f4b57e586665337e4b80867a1e6_s

私はデブエリートの道を歩んでいますが、それは同時に炭酸のスペシャリストであることをも意味します。

なぜなら、幼いころから過剰な炭酸飲料の摂取をしてきたという自負があるからです(笑)

 

炭酸の新商品なんかはほとんど飲みますし、炭酸を飲まない日はありません。

そんな炭酸のスペシャリストまこちゃんが、今日はみなさんに刺激最強の炭酸を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

アサヒのウィルキンソンジンジャエールは刺激最強の炭酸

いきなりですが、その刺激最強の炭酸の答え。それは

dsc_0046.jpg

アサヒのウィルキンソンジンジャエールです

たぶん、炭酸好きにもなかなか馴染みのない商品じゃないでしょうか?

私自身もこのウィルキンソンのジンジャエールは、なかなかに見つけることができないので、見つけたときは間違いなく買います。

コンビニやスーパーではほとんど見かけたことがなく、大抵はアサヒの自販機の中の、一部の自販機でしか購入したことがありません。

ジンジャエールはシャンパンぽい色をイメージすると思いますが、このウィルキンソンジンジャエールはなんと色はほぼ黒です(笑)

黒という時点でなかなかに凶暴な感じがしませんか?(笑)

 

アサヒのウィルキンソンジンジャエールが刺激最強の理由1「炭酸が強い」

基本的に私は、出来る限り炭酸は缶で売っているものを買います。

炭酸好きならわかってくれると思いますが、炭酸はペットボトルと缶で全然炭酸の量(刺激)が違います。

ペットボトルの場合、1リットル・1.5リットルの商品なんかは開けてすぐの時点でも、すでに炭酸が抜けている感じがします。

昔、コーラの2リットルのペットボトルがありましたが(今もある?)、あれは開ける前に振ったんじゃないか?と思うくらい最初の時点でほぼ炭酸が抜けていました。

500mlのペットボトルでも缶に比べるとそこそこ炭酸は抜けています。

dsc_0050.jpg

しかし、このウィルキンソンジンジャエールは・・・

ペットボトルのものでも十分に強炭酸を味わうことができるのです!

この「ウィルキンソン」という会社(ブランド?)は、間違いなく社員が炭酸を愛していると断言できるくらい、全商品の炭酸量が優秀です。

ウィルキンソンの商品で「これは炭酸弱いな」と思ったことは一度もありません!

 

というわけでペットボトルなのに、炭酸がしっかり強いと感じられるところが、このウィルキンソンジンジャエールの刺激最強の理由1です。

 

アサヒのウィルキンソンジンジャエールが刺激最強の理由2「本当に辛い」

このウィルキンソンのパッケージをもう1度良く見てみてください。

dsc_0046.jpg

「辛口」と書いています。

正直、食べ物ならいざ知らず、飲み物に「辛口」なんて書いていても所詮当てにならないと思っていました。

しかし

本当にめちゃめちゃ辛いです!!!(笑)

子供が飲めないレベルの辛さがこのウィルキンソンジンジャエールにはあります。

舌も若干しびれるくらいの辛さです(笑)

 

というわけで子供が飲めないレベルの辛さが、このウィルキンソンジンジャエールの刺激最強の理由2です。

 

アサヒのウィルキンソンジンジャエールは炭酸好きなら飲んでおくべき刺激最強の炭酸

炭酸好きな方も、炭酸好きじゃない方も、最初は「うわ辛い!」と感じて敬遠されそうな気がします。

しかし、そのうちに

「辛さ」と「強炭酸」というコンビの最強の刺激が病みつきになります(笑)

dsc_0049.jpg
正直、味的にはそこまで美味しくないんですが(笑)

ただ、とにかく刺激を求めている炭酸好きには、本当にたまらない1本だということは間違いないです。
炭酸のスペシャリストこと、私、まこちゃんが保障しますので信じてみてください。
 
辛さと強炭酸のハーモニーぜひ一度ご賞味ください。

 - グルメ, デブ