高いSupreme(シュプリーム)のブランド服着たってデブやブサイクはモテない現実

スポンサーリンク
デブ

仮想通貨をはじめた途端に価格の大幅下落で資産がかなり溶けた
「生涯低所得者デブ」こと、まこちゃんです(笑)

最近、若者に人気のあるアパレルブランド「Supreme(シュプリーム)」の行列の整理をしていた警備員が襲撃されるという事件がありました。

supreme

Supreme(シュプリーム)の新作販売の整理券にまつわるトラブルにより、転売目的で並んでいた中国人たちが起こしたみたいですね。

Supreme(シュプリーム)の服は現在めちゃめちゃ人気が高く、めちゃめちゃ高額で転売されています。

高額転売が成立するのは、当然買う人間がいるからですが、そんな高額なSupreme(シュプリーム)の服を買っている人にハッキリ言いたいと思います。

高いSupreme(シュプリーム)の服着たってモテないよ

ってことです(笑)

興味のある方もない方もぜひ読んでください(笑)

 

 

スポンサーリンク

高額な転売がされているSupreme(シュプリーム)とは

Supreme(シュプリーム)はジェームス・ジャビアという人が創設したブランドで、1994年にニューヨークのラファイエットストリートにショップをオープンして、今では世界的に人気のあるブランドになったみたいです。

スーパーブランドであるルイヴィトンを筆頭に、ナイキ、チャンピオン、ノースフェイス、ティンバーランドなど様々なブランドとのコラボレーションしたアイテムをリリースしています。

レディーガガなどの世界的有名人が着ていたりしたことで、人気に拍車がかかり、今では高額転売の定番ブランドになったようです。

 

 

Supreme(シュプリーム)の高額転売商品の例

例えばSupreme(シュプリーム)の20周年記念ボックスロゴTシャツは、定価7,000円のものがなんと約70,000円と10倍になってます。

また、Supreme(シュプリーム)とヴィトンとのコラボパーカは、定価130,000円のものが約400,000円と約4倍近くにはなっています。

完全に停滞している仮想通貨なんかよりも、圧倒的にバブル状態ですね(笑)
というか定価13万の時点でアホだと思うのは私だけでしょうか?

高いシュプリームの服着たところでブサイクがモテることは不可能

そんな高額なSupreme(シュプリーム)の服を買っている方に知って欲しい残酷な現実があります。
ファッションなんていうのはハッキリ言って、かっこいいやつが着ている服がおしゃれであって、ブサイクなやつや私みたいなデブが着ているものはダサいとされるのが現実なのです。

先日、私の友人がこんなことを言っていました。
「この前Supreme(シュプリーム)のヴィトンコラボのパーカとデニムジャケットを着てる奴見たんだけど、雑誌でその組み合わせみたらかっこいいと思ったけど、実際には全然かっこよくなかったわ」と。
それは、どんなアイテムでもモデル(イケメン))が着たらかっこよく見え、一般人(ブサイク)がきたらダサいということを意味します。

つまりどんだけ高いSupreme(シュプリーム)の服を着たところで、モテるようにはならないのです。

ファッションというのはイケメンが正解でありブサイクは不正解

ファッションをどうのこうの言っている女は多くいますが、結局はイケメンが着ているものはオシャレであって、我々ブサイクが着ているものはダサいというのが結論なのです。

つまりファッションアイテムのブランドや姿形がどんなに優れていたとしても、ブサイクが着てしまえばその時点でオシャレではなくなるのです。
ファッションセンスを女が評価する企画や番組で、その人にあったオシャレをするべきみたいなことを語っている奴がいますが、よくよく聞いてみるとブサイクはどんだけオシャレをしてもほぼ意味がなく、イケメンがオシャレをしたらカッコイイということに言っているに過ぎません。

・イケメン(1以上)×ブランド×オシャレアイテム=モテる
・ブサイク(0以下)×ブランド×オシャレアイテム=モテない

この公式がファッションの真実を表したものです。要はブサイクはどんだけ高いブランドのオシャレな服を身にまとったところで0点にしかならず「オシャレでモテる」ことにつながりはしないのです。

※ファッションやオシャレ関係なしで高いブランド=金持ちとしてモテる場合はあるかと思います。

バカ高いSupreme(シュプリーム)の服着たってモテない現実に気付こうぜ

というわけで、「バカ高いSupreme(シュプリーム)の服着たってモテない現実に気付こうぜ」というテーマで書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

私もかつて裏原宿ブランドにはまって、ブランドものの服を着ていた時期がありました。(今ではサイズ的に入らなくなりましたが 笑)
ブランド服を着ることがオシャレだと思っていて、コーディネートは無茶苦茶でしたが・・・。

ただ、仮にコーディネートが完璧だったとしてもきっとモテることはなかったと思います。要はファッションでモテるための前提としてイケメンであることが必要だからです。

つまり、高いブランドの服を買ってオシャレをすることでモテようとすることはコスパが悪いということなのです。

冒頭でも書いたように、Supreme(シュプリーム)の服の高額転売が成立するのは買う奴がいるからですが、買う人にはそれだけのお金を出す価値があるかどうかをぜひ考えて欲しいのです。

モテたいのなら、そのお金を別の手段を使ったほうが絶対に効率がいいはずです。
そのお金でキャバクラでシャンパンを入れた方が間違いなくモテますね(笑)

それでは。

まこちゃん

今年で32才になるにも関わらず全く大人になれない元パチンコ依存症の超低所得サラリーマンデブブロガー。

まこちゃんをフォローする
デブ人生時事その他
スポンサーリンク
まこちゃんをフォローする
32歳。俺はまだ本気出してないだけ。

コメント